「アルコールをやめる」人工知能(AI)で文章生成!!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「アルコールをやめる」で作成してもらいました。

アルコールについての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

大学で飲酒や飲酒が過度になっている。私たちの文化でさえ、飲み物に栄光を与え、酔っ払って酔っ払う。

だから、アルコールを飲むことが問題になるときを伝えるのは難しいかもしれません。アルコール乱用は、ある人が頻繁に飲みすぎたり、あまりにも多く飲むと起こります。それでも、壊滅的なリスクにもかかわらず、アルコールを乱用する人は飲酒をやめません。

アルコール中毒になるので、飲酒をやめない人もいます。これは、アルコール乱用がアルコール依存症とも呼ばれる依存症につながるときです。アルコール依存症の人は、飲みたいという強い衝動があり、飲み始めたら止めることができず、止まったら撤退症状を経験し、同様の効果を感じるためにアルコールをさらに必要とします。

兆候と症状 – 一人で飲む – 事態を覚えている問題(停電) – 法的悩み、例えば運転中の運転(DUI) – 他人との頻繁な議論 – 授業や学校の授業や仕事の欠如 – 飲酒から回復する時間の大幅な節約 – 儀式の創造酔っぱらったときに気分が悪くなる – 以前に楽しんでいた活動に興味を失う – 酔っ払うという目標を持って飲む – 頻繁に中毒になる – 車のような予期せぬ場所でアルコールを飲む – 飲酒していないときに身体症状に苦しむ(例えば吐き気、発汗、不穏) – アルコールに対する耐性 – 女性(女性)または5人(男性)のための4つ以上の飲み物を有する – 飲酒のための言い訳をする – 飲むことについて罪を感じる – 起きるとすぐに飲む必要がある – 原因 – アルコール乱用や依存のリスクを高めることができます。例えば、アルコール依存症は家族内で起こる傾向があり、遺伝学が役割を果たす可能性があります。しかし、それは、あなたの家族の誰かがあなたがアルコール問題を抱えていると運命づけられたことを意味しません。可能性があることに注意してください。不安やうつ病のような精神的健康状態を持つ人は、自己啓発の人がいるため、リスクを高める可能性があります。他の要因には、ストレスのレベルの上昇およびアルコールの利用可能性が含まれる。

アルコールに物理的に中毒になることは時間が経つにつれて起こります。慢性的な飲酒は快楽に関連する特定の脳化学物質に影響を及ぼします。しばらくすると、あなたの体はアルコールを欲しがり、それ以上のものは気分が良くなります。

治療法 – アルコール乱用や依存症には様々な有効な治療法があります。特定の要因は、問題の重症度やその人がアルコールに依存しているかのように、どの治療法が最良であるかを判断するのに役立ちます。身体依存はまた、アルコールが身体から洗い流されたときに、解毒または解毒を必要とすることがある。禁断症状を減らすために投薬を処方することができます。

また、効果的な心理療法は、個人がアルコール問題に付随する潜在的な問題およびその他の精神状態を治療するのに役立ちます。彼らの虐待や中毒をよく理解し、トリガーを予期する。健康な対処法を使用する。
医師はアルコール依存症を治療するために特別に作られた薬を処方するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です