「ドイツの音楽」人工知能(AI)で文章生成!!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「ドイツの音楽」で作成してもらいました。

「ドイツの音楽」についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

ドイツは偉大な作曲家の地として知られています。彼らの作品は、ドイツの歴史的な都市にあるコンサートホール、教会、大聖堂ではもちろんのことではありません。

重要な音楽史はヨハン・セバスチャン・バッハによって書かれた。彼の家族は何年もエルフルトに住んでいた。バロックの時代のこの作曲家は、「バチュー・スルー・ザ・シティ」というツアーでリコールされています。毎年、エルフルトはまた、音楽愛好家のために多くを提供する優れた伝統である「Thringische Bachwochen」(チューリンゲン・バッハ・ウィークス)を主催しています。

ブラームスはヴィースバーデンで「第3交響曲」を作曲し、ワインバーグはライン川の近くのヴィラでオペラ「ニュルンベルクの巨匠」を演奏した。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトはまた、ドイツの歴史的ハイライト都市にも根ざしています。彼の父、レオポルド・モーツァルトは、アウグスブルクで生まれ、まだ立​​っていて博物館を収蔵している家にいます。その結果、アウクスブルクは当然モーツァルト遺産を誇りに思います。 「モーツァルト@アウグスブルク」フェスティバルは、ドイツのモーツァルトの街でモーツアルトの伝統を祝うものです。

ヴュルツブルクは1921年以来、有名な世界遺産のヴュルツブルク・レジデンスでモーツァルト・フェスティバルを開催しています。このフェスティバルはドイツでも有数の音楽祭の一つであり、何年にもわたって国際的に有名なアーティストが多く出演しています。

北部のボンはルートヴィヒ・フォン・ベートーベンの発祥地として知られていますが、世界最大の民間ベートーベン展がコブレンツにあります。今日、 “Mutter-Beethoven-Haus”(マザー・ベートーヴェン・ハウス)には、この時期の文化人物の書類や手紙もあります。

リチャード・ワグナー:
作曲家と彼の巨匠、リチャード・ワニエルズ(Richard Wagners)のオペラ「Die Meistersinger von Nrnberg(ニュルンベルクのMastersingers of Mastersingers of Nuremberg)」は、ドイツの音楽史の素材を描いたもので、いわゆるMeistersinger(mastersingers)のミニネンを指す。

ワーグナーはウィスバーデン・ビーブリッヒのライン川の岸にあるヴィラ・アンニカに移りました。大きなリビングルームからは、バロックのシュロスビーブリッヒ(Biebrich Castle)を見ることができました。ウィスバーデンのカジノと劇場の訪問は彼にとって歓迎すべき変化でした。ついにMeistersingerの序曲が生まれました。

今日まで、ヴィースバーデンのリチャード・ワーグナー・パークは、そこにオペラハウスを建設するワニヤーズ独自の計画を表しています。しかし、このプロジェクトは最終的にバイロイトで実現しました。ワーグナーは、地元の木管メーカーであるWilhelm Heckelにも大きな影響を与えました。彼は作曲家の願いを守り、ヘクトンホンが世界的な存在となった彼のためにバリトン・オーボエを造りました。このワークショップは依然としてウィスバーデンに存在し、これまでで最も古くからの木管メーカーの一つです。

ミネソーの中世の功績 – 12世紀は儀式の偉大なエポックでした。テーブルのエチケットとマナーが洗練されました。 minnesang(minne = love)で描かれた男女の関係は全く新しい時代でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です