AI(articoolo)に「マニュアルと自動操作」で作文

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「マニュアルと自動操作」で作成してもらいました。

サプリメントの作成方法のような文章ができました。

専門的な単語が使われている文章になっています。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

大型の噴水を選択するときは、屋内または屋外のいずれのタイプであろうと、自動充填機構を使用するかどうかの決定に反対する可能性があります

これらの偉大なサプリメントは、より速い速度で水を蒸発させ、次に小さな噴水を蒸発させる大きな噴水に非常に役立ちます。大規模な噴水はまた、より大きな水の容量と小さな噴水を持っているので、手で最適な水位を維持するためにより多くの時間と労力がかかります。

あなたの水噴水の自動充填には多くの利点がありますが、その中には次のものがあります: 製品に常に新鮮な清浄な水が確保されるようにする排水システムで汚水を除去する – 水に浸す前に水をろ過する(別個の水フィルタアセンブリが必要) – 使用される用語を明確にするために、手動で満たされた噴水手動操作を必要とする半自動充填、電子タイマーとソレノイドを使用する完全自動充填式噴水があります。これらのオプションにはそれぞれ独自のメリットと欠点があり、水源に水を供給する方法を決める際に考慮する必要があります。

水で満たされた水噴水 – 手動で完全に満たされたオプションは、水を噴水に輸送し、それを物理的に最適なレベルまで満たすことが必要です。多くの人がこのオプションを好む。ほとんどの人は、過去に所有していた小さな噴水に水を加えて大きなものに投資していましたが、近所の植物に水を供給している間にフートニエを満たしたり、水がいっぱいの噴水。また、自動充填オプションを購入するのに必要な余分な金額を支払う意欲がない場合もあります。これは、使用する必要のある余分な部品のためにほとんどの場合に費用がかかります。

手動操作による半自動水溜め噴水手動で充填された泉が必要な場合は、水で中央給水から水を引き込む充填機構を手動で操作する必要がありますライン。半自動充填にアップグレードする利点の1つは、そうすることが非常に安価であることです。フロートバルブアセンブリはリザーバ内に隠れて設置され、いつでも水ラインを取り付けることができます。

完全自動給紙機能の特徴であるタイマーとソレノイドモジュールは含まれておらず、これらは最も高価な部品です。半自動の塗りつぶしにアップグレードすることは、休眠状態のままで使用されないため、常に良いアイデアです。例えばフロートバルブアセンブリに水路を通すことができない場合やそうでない場合には、噴水は、その都度、完全な手動充填として簡単に操作できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です