「日本歌舞伎」人工知能(AI)で文章生成!!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「日本歌舞伎」で作成してもらいました。

「日本歌舞伎」についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

古代の芸術の知識は非常に不完全です。研究と知識の開発はまだ毎日行われています。

豊富な龍(精神的なスタイル)やIki(裸の禅の必需品の唯一のスタイル)や様々なロープのアーティストの個々のスタイルなど、多くの異なるスタイルがあります。

ろうそくで照らされた部屋を映してください。影が壁に踊り、部屋の雰囲気を作り出します。美容と恐怖、愛と持久力、欲望と絶望、精神的な成長と屈辱、痛みと欲望、それはあなたが日本の束縛で達成したいものです。それは、身体的、精神的、形而上学的という異なるレベルを伴う独創的な芸術です。

Kizsh(贈与者、贈与者、支配的な、活発なパートナー)のために、それは様々な異なるインパルスを伴うジャグリングのバランスのとれた行為です。ウクトリン(受身者、従順な受動的なパートナー – 日本では時にMジョーとも呼ばれる – 「マソ女性」)には、女性の専門的な束縛モデルから、結びつきが大好きな女性までさまざまなものがあります。

Moと呼ばれる – 「maso man」)、それは楽園への究極の旅です。 「日本の束縛」を製織するか包むことは、不十分で表面的な翻訳である。ほとんどの人は束縛だけを認識していますが、ライフスタイルとテクニックは、技術とバックグラウンドの方がはるかに多く含まれています。

Shibari Doは、ライフスタイルとして、日本の恋愛や求愛、氣エネルギーの操作、伝統的な日本のロープの拷問技法、武道、演劇、古代のファッションや禅宗の側面に根ざしています。

ボンデージのエロチックな使用は、ライフスタイルの唯一の側面です。現代の技法は、舞台芸術としても使用され、治癒の側面を持ち、一般的に体と心を鍛える方法です。

Shibariは「織る」または「ロープで包む」のいずれかとして最もよく解釈されます。両方の翻訳は、人体のロープ、心、気の経絡の相互作用を指します。 Ki(または中国語のChi)は人生のエネルギーです。

経絡はこのエネルギーが流れる経路です。そして、Ki – in Oriental哲学以来、身体の中の人生と身体とその環境との相互作用をコントロールするので、日本の奴隷は人生に直接影響を与えます。気は、陰と陽の間の永遠の変化のパターンによってのみ、流れ、健康な状況を作り出すことができます。

この技法は、さまざまなレベルで陰と陽の両方の位置を拡大することによって、このパターンに影響を与えるように努めています。日本の奴隷起源についての多くの神話や事実はほとんどありません。

その結果、今日まで、その起源は不明である。早期の日本の奴隷制度になる可能性のあるものへの言及は、いくつかの洞察を提供する。

17世紀前半、徳川幕府(江戸時代)の間に支配的な日本の宗教は、トグカワ王朝の衰退後に起こった神道ではなく、将軍に裏打ちされた新儒教主義の形であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です