「オーディオ品質」人工知能(AI)で文章生成!!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「オーディオ品質」で作成してもらいました。

「オーディオ品質」についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

ビデオ会議は、組織のパートナー、同僚、クライアントの実際の会議の代わりに使用されます。ビデオ会議用のハードウェアとソフトウェアは、双方向のオーディオおよびビデオ通信用にインストールされています。

彼らは、会議中にライブビデオやビジュアルの交換、ドキュメントの共有、ファイルの転送を行うことができます。

コンピュータ、ウェブカメラ、マイク付きヘッドセット、インターネット接続は、ビデオ会議の基本的な要件です。ビデオ会議ハードウェアは、ユーザーインターフェイスの複雑さを軽減し、パフォーマンスを改善して品質の出力を提供し、サウンドエコーを排除し、オーディオ品質を向上させ、バックグラウンドノイズのピックアップを低減することを目的としています。

会議ハードウェアのインストールには慎重な計画が必要です。主なハードウェア要件には、カメラ、プロジェクター、マルチメディアモニター、ドロップダウンスクリーン、高品質のマイクとヘッドフォンを備えたオーディオシステム、DVDとVCRプレーヤーとレコーダー、補助オーディオビデオソース、ワイヤレスリモートコントロールパネルと表彰台が含まれます。

ビデオカメラユニットを取り付ける前に、ビデオソフトウェアをインストールする必要があります。このために、カメラがコンピュータに接続され、プログラムCDがCDドライブに挿入され、インストールハードウェアリンクがクリックされます。アプリケーションの開始時にソフトウェアの大部分がカメラユニットにアップロードされるので、アプリケーションが開始する前にカメラユニットをオンにする必要があります。

カメラが正しく取り付けられていると、ステータスランプが緑色に点滅します。これは、カメラがソフトウェアアップロードを受信する準備ができていることを示します。

ビデオアプリケーションがはじめて起動すると、ウィザードと呼ばれる一連のユーザー設定ダイアログボックスが表示され、すぐにインストールが完了します。画面上の設定パラメータの説明が表示されます。初期設定画面のすべての設定を簡単に変更できます。したがって、初期インストール中に何か問題が生じた場合には心配する必要はありません。

オーディオハードウェアを取り付けるには、ヘッドセットをコンピュータのマイクに接続します。これは、会議中に電話を受けるのに役立ちます。残りの手順は、ビデオハードウェアのインストールと同じです。会議は、会議、Web会議、音声会議、ビデオ会議などの詳細情報を提供します。会議はオンライン会議センターと提携しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です