自動作文AI(アーティクーロ)に「海賊の歴史」で作文!!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「海賊の歴史」で作成してもらいました。

海賊版と海賊が混同している文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

海賊と海賊の歴史の研究は、多くの召命の観点から研究することができます。技術的、社会政治的、犯罪学的なものを含む。

しかし、著作権侵害と海賊は、法的な観点から見ることもできます。プリズムからの研究著作権侵害の関連性は、著作権侵害と海賊が何であるかを考察することによって最もよく説明されます。

海賊行為は犯罪であり、法律の違反です。海賊は、主要な犯罪が著作権侵害であった犯罪者のクラスです。海賊行為は犯罪であるため、被験者に関する特定の法律が存在する必要があります。

すべての刑法のように、海賊行為に関する法律は、どのような行為や行為の組み合わせが著作権侵害を構成するかを定義する役割を果たします。

すべての法律と同様、違法コピーに関連する法律には情報源があります。法律の源泉には、習慣、彫像、条約が含まれます。法律は最終的なものでもあります。

法律は例外を有する場合がありますが、一般的な法律の違法コピーは例外ではありません。最後に、著作権侵害の法律は、訴追された海賊およびその告発に対して防衛する疑いのある海賊のための手続きを提供します。

II。海賊法とその源泉。違法コピーを定義する法律について彼らは違法コピーに関する多くの法律がありますが、違法コピーの定義を組み立てることは可能です。

この船舶に貨物または乗客の財産を処分し、持ち去ったり、他の船を持ち去ったり持ち去ったりしようとすると、個人は海賊行為の罪を犯します。

海賊行為の完了または未遂行為のためのプラットフォームとして使用されている船舶の乗組員の指揮官またはメンバーであること。

上記のすべての行為は、海賊行為を行っている乗組員が船舶手紙の下で、またはそれに準じて動作している場合、または他の方法で状態装置として機能している場合を除き、行われます。

さらに海賊行為の有罪判決を受けるためには、本土の海岸から少なくとも3マイル離れた国際水域で海賊行為を行わなければなりません。

海賊行為を禁止する法律は、伝統的な著作権侵害行為を行っている人々にはそれ自体を制限するものではありません。法律では、故意に海賊の助けを借りている人や、海賊のような人物を海賊として分類しています。

著作権侵害に分類された支援や関与には、海賊との共謀、海賊への融資、海賊の使用アイテムの調達、盗品の保留、アドバイス、陸上からの装備または募集などが含まれます。違法コピーを禁止するこれらの法律のうち、すべての法律のように、海賊行為を禁止する法律の多くは慣習法または国際慣習法でした。

慣習法は、法的義務または法的権利の信念に基づいて活動に従事しているまたは関与していない多くの人々または団体に基づいて、残業を作っています。発見の年齢の間、イングランドのような後者の国々は著作権侵害対策ツールとしての彫像を使用し始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です