AI(articoolo)に「玄米の再発見」で作文

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「玄米の再発見」で作成してもらいました。

玄米の料理についての記事になってます

栄養成分なんかも調べて見ましたがしっかりした内容になっています。ところどころ?と言うところはありますが精度が上がったら良い文章を作ってくれそうな気もします。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

バークレーのウェルネス – ライスはサイズに応じて分類されます:長粒、中粒、および短粒です。

長粒米は国内作物の約75%を占めている。細い穀物は、その幅よりも4倍から5倍長い。 3種類の米のうち、アミロペクチンは米を粘着性にするデンプンの割合が最も高いので、調理すると穀物が一塊になります。箸で簡単に食べられるので、寿司のような料理に最適です。

ほとんどの市場で購入できる米の種類 – 玄米:この米は粉砕中に籾殻のみが取り除かれているため、Bビタミンやミネラルが自然に豊富です。玄米には胚芽があるので、ビタミンEも含まれています。玄米は白米よりも豊かな風味としっかりした風合いを持ち、調理には時間がかかります。

白米(粉ミルク):白米は、最も一般的な米の形であり、籾殻、ふすま、および胚芽のほとんどを取り除くために完全に粉砕されています。

白米にはいくつかの種類があります: 豊富な白米は、チアミン、ナイアシン、葉酸、および鉄を添加して製粉した米であり、ふすま層を除去すると失われた栄養素の一部を置き換えるために粉砕した後に添加される。

玄米(転化された米)は粉砕前に圧力をかけて浸して蒸しておき、穀物の残りの部分に栄養素の一部を強制し、処理中に完全に失われないようにする。濃縮玄米は通常の白米と栄養面で似ています。

米は予備調理されておらず、実際には通常の米より幾分硬いので、パーボイルという用語はやや誤解を招く。結果として、通常の白米よりも料理に少し時間がかかりますが、穀物は非常にふわふわしていて、調理された後に別れます。

インスタント白米は、準備に約5分かかります。伝統的にイタリアの料理のリゾットを調理するために使用されて、Arborioの米はまた、パエリアと米のプリンのためにうまくいきます。 Arborioは液体の中でその重量の5倍まで吸収します。その結果、クリーム状の稠度の穀物が得られます。

アロマティックライス:これは、おいしい、ナッツ香りの香りと、ポップコーンやローストナッツを連想させる風味を持つ米の傘の言葉です。彼らは主に長粒の品種です。

バスマティ米:おそらく最も有名な芳香の米、バスマティはインドとパキスタンで栽培されています。他のタイプの米と違って、穀粒は彼らが料理するときに一杯よりもはるかに伸びます。他の長粒型よりもデンプンが低く、ベースマリの粒はふわふわしていて分離しています。

それはインドの料理で最も一般的に使用されていますが、basmatiはまた、任意のレシピでレギュラーライスに置き換えることができます。茶色と白の両方のバスマティ米を用意しています。

ブータン・レッドライス:これは、小さなヒマラヤのブータン王国の定番である短粒の米です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です