自動作文AI(アーティクーロ)に「ドグマキリスト」で作文!!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「ドグマキリスト」で作成してもらいました。

宗教についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

しばらく前に、私はトリニティの教義について非常に短い紹介を書いた、神はまだ3人です。

(この短いエッセイを読むにはここをクリックしてください)

このエッセイはそのコンセプトを続け、特にイエス・キリストの神性に焦点を当てます。

つまり、イエス・キリストは神であり、祝福された三位一体の第二の人物です。

トリニティの教義 – トリニティの教義は、多くのクリスチャンにとって、少なくとも4世紀に、また現代では、自分自身をキリスト教徒と認識し、信仰の非常に重要な教義を否定する異端のグループ多くの人が、これは後でキリスト教徒によって作られた発明であり、使徒たちに福音を宣言するために与えられた信仰の預託の一部ではないと主張しています。

しかし、カトリック教徒、正教会、プロテスタントのキリスト教徒(自らを非宗教者と認識する者を含む)は、いろいろな点について意見を異にしても、この教義を遵守します。どうして?なぜならそれは真実であり、聖書であるからです。

まず、重要な基本原則を確立しましょう。一つの神だけです。イスラエルよ、聞け。

主なる神、主は一つである。(マルコ12:19、申命記6:4)しかし、彼はまた三人です。

イエスがマタイ28:19の使徒たちに言われたように、すべての国の弟子となり、父と子と聖霊の名によってバプテスマを授ける。イエスは複数の形の名前を使用していませんでしたが、その代わりに名詞の中で三者が一つの神として統一されていることを示すために単数形で言いました。三位一体の教義/教義は、3人が3つの別個の神であることを指定するのではなく、1つの神の本質/物質に結合した3人の人であることを示しています。

私たちは3人の神を告白するのではなく、3人に1人の神、「実質的な三位一体」を告白します。神の人は神の間で神の一つを分かち合うことはありませんが、それぞれ神は全部であり、全体です。「父は御子であり、御子は父であり、父と子であり、聖霊すなわち、本質的に一つの神である。第4ラテラン評議会(1215)の言葉では、「それぞれの人は、その最高の現実、すなわち、神の物質、本質または自然です。

神の人はお互いに本当に区別されます。 「神は一つではあるが孤独ではない」 「父」、「息子」、「聖霊」は、単に神の存在の様式を指定する名前ではなく、実際には互いに区別されているからです:「彼は息子である父親でもありません。

父でも、父でも御子でもない聖霊です」。彼らは起源の関係において互いに区別されています。「生まれる息子、生まれた息子、そして進歩する聖霊」。神の統一は三位一体です。
255神の人はお互いに相対的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です