AI(articoolo)に「イノベーションロボット」で作文

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticooloで日本語で文章作成を依頼して見ました。
「イノベーションロボット」単体で作成してもらいました。

見事にロボット関連の記事ができた。

書いてある内容は定かではないけどちゃんとロボットの記事になってます。文章の作成に得意不得意な分野があるのかもしれません。

articoolo日本語B版で作成した文章です。

数年前のサイエンスフィクションは、ロボットをバトラーとして将来を描いたかもしれないし、ロボットが世界をどのように引き継いでいるかを示す映画もあったかもしれない。

今日まで、ロボットの最も広く普及し実用化されているのは、工業環境、特に製造プロセスで使用されるロボットアームである。

しかし、インテリジェントロボットの現実は、2016年の初めにコンパニオンロボットからさまざまなレベルのサービスと人工知能を持つ家庭用バトラーまで、多くのプロトタイプやアイデアやアナウンスで評価されています。ロボティクスの革新は、製造を超えて移動するだけでなく、モバイルにも移行しています。

高齢者のケアのためのロボットの革新 – 彼らの加速した開発が最も見込めるところは、おそらく自宅の高齢者の世話のためです。

このようなプロジェクトの1つは、英国の革新資金機関であるInnovate UKから、研究者、ケア提供者、ロボット工学の専門家が、インテリジェントなロボット全機能ノードを使用して自宅でケアを行い、モジュラーロボットを開発するための資金を、彼らが年を取って自宅で独立しているという選択肢を人々に与えることによって、長期的なケアに革命を起こすことができます。

この種のイノベーション研究は、後の人生の中で助けを必要とする高齢者の数が増えているために必要である。なぜなら、政府と社会にとっての挑戦は、質の高いサポートを最良に提供し、維持する方法と人々が地域社会の統合され、 CHIRONsは、さまざまな構成要素が混在してマッチするように設計されます。

インテリジェントモジュラーロボットシステムのセットは、家の周りの複数の位置に配置され、朝の個人衛生タスクを支援し、日中の準備を支援し、キッチンで自分の好きな食事を準備する人をサポートすることもできます。

そのため、CHIRONを使用する人々は、幅広い国内およびセルフケア・タスクを独立して実施することができます。これは、一部の人にとっては、介護者が貴重な社会的仲間を提供するために費やす時間が長くなることを意味します。

人口の高齢化は、外科手術用ロボット、医学用ロボット、ロボットで製造された交換用生体用部品だけでなく、高齢者を家庭で支援するためのサービスロボットの恩恵を受けるでしょう。

誰もが家を掃除し、芝生を刈り、プールを清掃し、バーベキューグリルを清掃するなどの他の日常業務を自動化するパーソナルロボットの恩恵を受けるでしょう。

多くのロボットが複数の機能を果たします。ロボット産業におけるこれらのセクターはすべて、従来の産業用ロボットアームを覆すように成長するでしょう。

これは、1961年にゼネラルモーターズ工場で稼動した最初の産業用ロボットUnimateとはまったく異なります。次の数十年にわたって、自動車産業における産業用ロボットアームの使用は成熟しました。最近では、半導体およびエレクトロニクス産業のクリーンルーム環境における産業ロボットアームの使用も成熟している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です