AI(articoolo)自動記事作成ツールに「人工知能とクラウドソーシング」で作文!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「人工知能とクラウドソーシング」で作成してもらいました。

人工知能についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

技術革新が激しいスピードで進化し続けると、新しい破壊的な変化が迅速かつ予期せず発生する可能性があります。これらの技術的進歩は、進行中のデータ革命に貢献し、その結果、企業は顧客や競合他社とリアルタイムで対話することができます。

マーケット・インテリジェンスの分野は、このシナジーに対する明確な目撃者でした。マーケットインテリジェンスは、関連するデータをマイニングし、それを分析して特定の洞察を提供することによって管理します。これらには、業界プロファイル、販売予測、顧客動向、競合他社の開発、および拡張の可能性が含まれます。

これまでにない量のデータを効率的に分析するための人工知能(AI)やクラウドソーシングなどのインテリジェントツールの開発は、市場インテリジェンスの機能に革命をもたらしました。そのような戦略を持続可能に組み込むことができないと、企業は先見的な競争相手に追いつかれる可能性があります。

人工知能とビッグデータ – AIは科学者、研究者、および小説家の間で長い間想像され、推測されてきましたが、現実はこれまで以上に存在しています。これらの例は、AIは単に人間の行動を複製するのではなく、人間の能力を超えていることを示しています。 AIは膨大な量の情報を計算する能力において競争上の利点を有する。

これらの機能は、利用できる膨大な情報量のためにますます重要になっています。ビジネスコンサルタント会社のGartnerは、2020年までに、インターネットにリンクされ、2015年に推定49億人のデータを送信する約330億のオブジェクトが存在すると予測しています。これらのデバイスは膨大な量のデータを生成します。データストレージおよびコンピューティング企業のEMCによると、2013年にはデジタルユニバースに4.4テラバイトのデータがありました.EMCは、この数字が2020年までに44ゼットバイトに達すると予測しています。

さらに、物事のインターネットの台頭は、構造化されていないテキスト、音声、およびビデオの代わりに、正確で、目標を定め、実行可能な情報を提供することによって、データ収集に革命を起こす可能性があります。例えば、スマートな冷蔵庫は、ユーザーがいつ製品を消費するか、どれくらい消費され、どのくらいの頻度で製品が買い戻されるかを検出することができる。

情報の量と質の両方でビッグデータが急増すると、前例のないリソースが市場インテリジェンスに提供されるだけでなく、これらのリソースを実用的で有意義な洞察に変える際に顕著な課題が生じます。統計およびデータ分析ソフトウェアを搭載している場合でも、利用可能な情報量は、人間の分析者が処理できる以上のものです。

処理能力が前年を大幅に上回っているため、AIデバイスが驚異的な速度で大量のデータを計算する能力は絶えず向上しています。インテリジェントな振る舞いを模倣し、意味のある結論を生み出す可能性があります。最終的に、AIは、そのような分析を独立して行い、文脈を理解し、より正確な確率の高い行動を開発する能力を絶えず磨くことができると期待されている。

Crowdsourcing Market Intelligence – データマイニングと分析は、AIだけでなく、クラウドソーシングによっても行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です