AI(articoolo)自動記事作成ツールに「イノベーション人工知能」で作文!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「イノベーション人工知能」で作成してもらいました。

「イノベーション人工知能」についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

何十年も前の発見は、今やコンピューティング産業を電化させており、すぐに企業のアメリカを変えるでしょう。

過去4年の間に、読者は幅広い日常的な技術の質の高低に注目してきました。

最も明らかに、スマートフォンの音声認識機能は以前よりもはるかに優れています。音声コマンドを使用して配偶者に電話をするとき、私たちは今すぐそれらに到達します。私たちはアムトラックや怒っている元に接続していません。

実際には、アマゾンのAlexa、Apples Siri、MicrosoftのCortana、Googleの多くの声に対応した機能のいずれであっても、話をするだけでコンピュータとのインタラクションが増えています。

中国の検索巨人バイドゥ(Baidu)は、顧客が過去18ヶ月間に音声インターフェイスの使用を3倍に増やしたと言います。

毎月、Google GOOGL 0.63%、Microsoft MSFT 0.99%、Facebook FB -0.16%、Baidu BIDU -0.37%で、機械翻訳などの言語処理がはるかに説得力を増しています。

Google翻訳では、ある言語の話し言葉を、32組の言語のための別の言語の音声文にレンダリングし、セブアノ、イグボ、ズールーを含む103語のテキスト翻訳を提供しています。

Googleの受信トレイアプリは、多くの受信メールに対して3つの既製の返信を提供します。

次に、画像認識の進歩があります。同じ4社には、識別タグなしで写真のコレクションを検索または自動整理する機能があります。

あなたは、犬や雪、さらには抱擁のように抽象的なものを持っているすべてのものを見せるように求めることができます。これらの企業はすべて、作品のプロトタイプを持っており、数秒で文章の長さの記述を生成します。

それについて考えてみてください。犬の写真を集めるには、アプリはチワワからドイツの羊飼いまで何でも識別し、犬が逆さまになっているか部分的に不明瞭であれば、フレームの右または左、霧や雪、太陽またはシェード。同時に、それはオオカミとネコを排除する必要があります。ピクセルだけを使用する。そんなことがあるものか?

画像認識の進歩は、クールなソーシャルアプリをはるかに超えています。医学のスタートアップは、すぐにコンピュータを使用して、X線、MRI、CTスキャンを放射線医師よりも迅速かつ正確に読み取ることができ、早期癌の診断や救命率の低い医薬品の探索を加速すると主張しています。

より優れた画像認識は、ロボット工学、自律型ドローン、そしてもちろん自転車の開発を劇的に改善するために不可欠であり、私たちは6月にカバーストーリーを作りました。フォードF 0.42%、テスラTSLA -3.57%、Uber、Baidu、Googleの親アルファベットはすべて公共道路上の自走車のプロトタイプをテストしています。

しかし、ほとんどの人が理解していないことは、これらすべてのブレークスルーは、本質的に同じ画期的なものであるということです。大部分の科学者は元の学術的名称である深層ニューラルネットワーク(deep neural networks)を呼び出すことを好むが、ディープラーニングとして一般に知られている人工知能(AI)技術によって可能になった。

ニューラルネットに関する最も注目すべき点は、人間が上記のスタントのいずれかを実行するようにコンピュータをプログラムしていないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です