AI(articoolo)にて「人工知能の歴史」で文章を作って見ました。

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「人工知能研究」で作成してもらいました。

「人工知能研究」のような記事になってます。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

これは2つのブログにまたがる3つのポストシリーズの一部です。
1つの記事(この1つ)は、人工知能ビジネスの一般的な歴史的概要を示しています。
1つの記事は、専門家システムの歴史を具体的に扱っています。
1つのポストは、人工知能ビジネスの一般的な現在の概要を提供します。
1つの記事では、機械学習と(残りの)AIの間の密接なつながりが探求されています。

ロボットが1920年代に想像されたことを想起させるなら、人工知能の概念はコンピュータやそれ以前のものとほとんど同じである。しかし、しばらくの間、それは主に学問的で、おそらく軍事/自然治癒研究でした。 Theresは50年以上にわたりロボット産業でした。しかし、そうでなければ、私が1981年にアナリストになったとき、AIの商業化の努力はかなり新しく、3つの主要分野に集中しました:

エキスパートシステム
自然言語のクエリ。
一般的なAI基盤(特にLISPマシン)。

1.それでは、すべてのことをもう一度保存して、今や文脈を確立するだけではなく、簡単で乾いた調査で自分自身を満足させてください。

2. 1980年代には、自律型車両の軍事資金による研究や、ロボット工学やマシンビジョンの継続的な取り組みも見られました。率直に言えば、この時点では、これらの領域と残りのAIとの間に商業的なオーバーラップはほとんどありませんでした。残りの部分は、私がより詳細に追跡したものです。

しかし、一例として、マシンインテリジェンスという名前のマシンビジョン会社が、自然言語クエリー機能を備えたPC DBMSを構築している会社を分割しました。スピンオフ会社はSymantecでした。 (明らかに、シマンテックは以来、何度も旋回していた)。マシンインテリジェンスの共同設立者であるEarl Sacerdotiも、エキスパートシステムベンダーのTeknowledgeでしばらくの間巻き込まれていた。だから、商業的な実践よりも理論的に重複がありました。
注:人工知能と機械インテリジェンスと呼ばれる企業を指摘したという事実は、私が議論しているAI業界の歴史の早い段階で説明する必要があります。

3.また、1980年代には、Japans政府が資金を提供した第5世代コンピュータプロジェクトが混在していました。その大失敗を無視して移動してみましょう。

4.次の3つのノートは、特別な順序ではなく、
エキスパートシステムとLISPはともに揺らいだ。彼らのアイデアのいくつかは、オブジェクト指向プログラミングによって共同で選ばれました。これは大きな成功でした。
テキスト検索が本物になりました。
音声認識は、少なくとも口述の目的のために現実となった。
神経ネットワークはまた、今日の機械学習の道を開くのを助けた学界で起きました。

5.後にテキスト分析と呼ばれるテキストマイニングも最終的には問題になりました。もっと後で。
関連リンク – シンボリックスの私の主任テクニカルコンタクト担当者は、ダン・ワインレブ氏の後半でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です