AI(articoolo)にて「ワイン生産フランス」で文章を作って見ました。

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「ビール恋人」で作成してもらいました。

ワインについてそれっぽい記事になっています。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

英語とフランス語は過去に意見の相違がありましたが、大部分の英国人は、惜しげものではありませんが、世界中の最高のワインがチャンネルを通じて生まれていることに同意します。

200万エーカー以上のフランスの土地がブドウに引き渡され、膨大な量のボトルになります。栽培されたブドウ栽培地帯ではスペインに次いではあるが、フランスは世界最大のワイン生産者であり、南部のラングドックルシリオン地域だけで、アメリカ全体より多くのワインを生産している。

イエスが水をぶどう酒にする時までに、フランスのブドウ栽培は何世紀もの間確立されていました。彼らは自分たちのためにワインを作っただけでなく、修道院のワインを最高品質のものとみなしてくれた感謝の気持ちにそれを売った。

今日、フランスのワイン生産者は、ワインが厳格なガイドラインを満たしていることを確認する「Institut National des Apellations d’Origine」によって保護され、守られています。全国のワイン生産者は、世界的に有名な製品を自然に誇りにしています。それぞれの地域で独特の味とスタイルを持っています

Alasaceは、フランス東部でライン川をドイツと共有しており、主に白ワインの生産に関わる領域です。この地域で使用されている多くのブドウ品種は、ドイツ人にも採用されています。一方、ボルドーは赤ワインの生産者ですが、Yquem城とBarsacのような世界で最も有名な甘美な白人を誇っています。

よく知られている赤ワインの生産者であるシャトー・ラフィット(Chateau Lafite)がこのエリアにあります。大西洋沿岸に位置するボルドーは長い間、ワインの輸出の伝統を持っています

ブルゴーニュでは、赤ワインと白ワインが均等に請求されています。コートドールは最も有名で、おそらく最も高価なものです。ブルゴーニュの3つの主要な品種ワインはシャルドネ、ピノ・ノワール、アリゴテです。ボルドレーは、ブルゴーニュ地域ではしばしば別の地域とみなされます

ここでは赤ワインが王様で、ボジョレ・ヌーボーはその生産の年に消費される唯一のワインです。白ワインはChablisで製造され、これもブルゴーニュの管轄下にあります。

フランス東部のシャンパンは、すべての主要なワイン産地で最も寒い気候です。少量の「まだ」のワインが作られていますが、この地域はもちろん、輝くワインで有名です。

コルシカ島は、地中海の島のほとりにはまれにしか残っていない地元のワインを生産しています。それは9つの独自のワイン地域を持っていて、指定された場所に指定システムを提供しています。あまり知られていないジュラは、Vin JauneとVin de Pailleが生産されているスイスの近くの山岳地域です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です