AI(articoolo)にて「ビール恋人」で文章を作って見ました。

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。
「ビール恋人」で作成してもらいました。

「ビール恋人」というテーマですがしっかりしてない記事ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

アナリスト、メリーランド州の全国的な連合として、消費者と利害関係者は、メリーランド州の古くて機能不全のビール法を近代化する努力を奮い立たせ、ピーター・フランチェック氏は2018年の改革法改正案を支持する申立てを開始した。

メリーランド州収入局(Bureau of Revenue Estimates)が最近実施した調査によると、コンクール・ビール業界が州で支援している雇用総数を表す最低6,541の名前を集めるという目標を掲げて、この新しい申請手続きを発表した。

この申請の結果は2月1日に公表されます。これは、メリーランド州の公式の1カ月間にわたるクラフトビールのお祝いの「FeBREWary」の伝統的なキックオフです。メリーランド州人は、嘆願書のウェブサイト、marylandtaxes.comに行くことで申請書に署名することができます。請願書は、州のイベントや醸造所で配布されます。

「メリーランド州の国境を越え、すべての人口を横断して、わが国の自家製醸造業が成長し、国家指導者になることを可能にするための法改正を圧倒的に支持している」と、 「この申立は、メリーランド州が、この州が私たちの地域社会や州の経済にとって大変な家族所有の中小企業や製造業者を支持し、歓迎してくれることを再度確認するものです。

メリーランド州の工芸ビールの生産、流通、販売を規制するメリーランド州の古くなった法律を更新しています。

最近のオンライン調査では、フランチャト監督がタップ改革法を発表した後、回答者の93%が、メリーランド州の製法に関する規制が過度に制限されていると答えた。さらに、回答者の92%以上は、醸造所がタップルームで生産または販売できるビールの量に制限がないと感じています。

メリーランド工芸醸造業界は、今年秋に発表された収入見積もり局が実施した経済効果調査によると、2016年には6億7660万ドルの経済効果があり、2016年には6,541の雇用を支援または創出した。

この調査によると、メリーランド以外のクラフトビールの販売および流通活動が予測に含まれていると推定された経済的影響は、802.7百万ドルに増加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です