aticoolo(アーティクーロ)「インドの成長」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「インドの成長」で作成してもらいました。

「人工知能インド」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

アドバタイジング:
インドの情報技術(IT)産業の成長! – 情報技術(IT)の2つの主要コンポーネントは、ソフトウェアとハ​​ードウェアです。ソフトウェアはエレクトロニクス分野の主要産業として浮上しています。この業界は、1970年代には控えめな始まりを遂げ、1980年代半ばには、予測家、アナリスト、政策立案者がコンピュータソフトウェアアプリケーションの可能性を理解し始めました。

業界は1990年代に大きな飛躍を達成し、現在はインドの重要産業の1つとなっています。ソフトウェア産業の急速な発展の主な原因は、技術的に熟練した人材の巨大な貯水池であり、インドをソフトウェアのスーパーパワーに変えました。
1991年から1996年にかけて年間52%の複合的な成長を遂げているインドのソフトウェア部門は、同じ期間に世界の主要なソフトウェア産業の2倍の速さで成長しました。

現在では、500社を超えるソフトウェア企業が存在し、これらの企業とは別に、1,000社の新興企業があります。今日、インドは、コスト効率、高品質、高信頼性、迅速な配達、とりわけソフトウェア産業における最先端技術の使用を提供する国の一つです。 1995-96年はインドのコンピュータ業界の好況期でしたが、インドの情報技術(IT)業界はその年に本当に爆発しました。

世界市場での技術の継続的な減速などの課題にもかかわらず、強力なファンダメンタルズとソフトウェアおよびサービス業界の中核的な地位は、国内の他のすべての部門よりも優れていました。これは、1997年の4.9%から2002 – 03年の20.4%へのインドの輸出総額のシェアを増加させた。ソフトウェアとサービスの総収入は、2004〜2005年に32%増の220億ドル、2005〜06年には285億ドルに増加した(表27.21参照)。
表27.21 IT産業の進歩(10億ドルの数字):

年 – 2003-04 – 2004-05 – 2005-06 * – ITソフトウェアとサービス輸出 – 9.2 – 12.0 – 15.2 – ITE-BPO輸出 – 3.6 – 5.2 – 7.3 – 国内市場 – 3.9 – 4.8 – 6.0 – 合計 – 16.7 – 22.0 – 28.5 – NASSCOMによると、この業界は近い将来に30〜32%の成長を記録すると見込まれています。 NASSCOMによると、国内市場は24%成長しました。 NASSCOMが実施した調査の結果によると、インドへのアウトソーシングの総額(2004〜05年の172億ドル)は、世界全体の44%にも及びます。

現在の強い勢いがこの業界の拡大を推進し続けると信じるべき十分な理由があります。カナダ、日本、ドイツ、フランスなどの英国は大きな成長の可能性を秘めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です