aticoolo(アーティクーロ)「人工知能インド」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能インド」で作成してもらいました。

「人工知能インド」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

業界全体での人工知能(AI)アプリケーションの最大のメリットは、あらゆる産業分野に適応するためのAIの膨大な適応能力です。

人工知能の使用事例の数は、現在見られない方法でデータ管理業界全体で拡大しています。

人的機能の迅速なロボット化は、AIベースのシステムの成長率が2015年には8%から2025年には109%に上昇すると予測される、自動車のような多くの業界で認識されています。

ロボットやインテリジェント・マシンの使用は、製造、出荷、金融サービス、医療、教育などに広がっています。

この傾向は世界中で激しいスピードで継続しているようです。 3Dセンサー、高度なチップ、機械学習、音声認識科学のような技術的進歩は、スマートマシンを中心とした多くの業界で完全自動化の時代を迎えます。

人工知能は本当のゲームチェンジャーですか?

ライフサイエンス、ヘルスケア、エネルギー、法律、金融サービス、製造、エンターテイメント部門は、意味のある洞察を抽出するために大量のデータを日常的に処理しています。このプログラムの目的は、AIを民主化することです。
インドのタイムズ・スライドショーでは、チャータード・マネージメント・アカウンタント(CIMA)が実施した調査の結果を用いて、特定のアジア、アフリカおよびヨーロッパ諸国の金融サービス部門におけるAIの影響を測定しました。この調査ではさらに、これらの専門家の50%が、自動化が効率とパフォーマンスを向上させると強く信じています。

マシンアシスタントはどこにでもあります – アイドのようなスマートアシスタントが国内のシーンに進出した今、ロボットやスマートアシスタントが私たちの日々の生活をさらに制御し始めるのはまあまあです。援助された医療から自動化された顧客サービスに至るまで、消費者はスマート・マシンのパワーを常に経験しています。 Dronesは政府のセキュリティ目的と公共の安全のために日常的に使用されています。高度な機械学習アルゴリズムやディープラーニングアルゴリズムを使用すると、人工知能アプリケーションはデータ駆動型の決定から人間の偏見を検出し消去することができます。

法律および金融サービスにおけるロボット工学およびAIの使用は、労働力の効率を最大45%向上させると予測されています。 DeloitteはAIの混乱を記述しようとしているため、人工知能を活用して効率、品質、トップラインの成長を向上させるための業界トップのリーダーシップの必要性を強調しています。現在、ホスティングされた分析プラットフォームとアウトソーシングされたデータストレージ機能により、ミッドレンジおよび中規模企業は、AI駆動型データシステムのメリットを享受することができます。

人工知能の利用事例:業種別にみると、Techemergences AI Industry Overviewによると、多種多様なデータの中で最も多量のデータを扱う業種、金融、ヘルスケア、マーケティングのすべてが取り上げられています。したがって、今後のAIの採用は、これらの3つの産業分野を支配する可能性が高い。この報告書の根底にあるメッセージは、すべての人工知能企業とアプリケーションベンダーがAI世界のクールな子供たち、Google、Facebook、Amazonに目を向けているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です