aticoolo(アーティクーロ)「ドローン管理」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「ドローン管理」で作成してもらいました。

「ドローン管理」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

S.Government Accountability Office。木曜日に公表されたGAOの報告書によると、空域システムにおける無人機の安全でない使用の程度についての情報が限定されています。

いくつかの種類のデータを収集していますが小さなUASを含む安全事象の中で、データの正確さと完全性は疑わしいと報告されている。

例えば、2014年以来、有人航空機や空港の近くを飛行している無人航空機システムがFAAに6,000を超える無人航空機システムが報告されているが、政府機関関係者はGAOに、無人機がほとんどの目撃に関与していることを確認できないと語った。当局者は、小規模なUASは、パイロットが明確に識別するのが難しいことが多く、通常はレーダーでは捕捉されないとGAOは報告した。

そのようなデータの制限は、小規模なUASオペレーションの安全性を効果的に評価するエージェンシーの能力を妨げる。 FAAは、安全性の問題であると認識された無人機の目撃情報を報告し、UASユーザーの操作活動を調査するWebベースのシステムを開発するなど、データの改善に取り組んでいるが、代理店には完了までの時間枠はなかった報告書によると、これらの努力。

FAAはまた、安全でない使用に関するデータを改善する可能性のあるUASを検出し、リモートで識別する技術を評価しています。 FAAは、その政策における安全リスクマネジメントの5つの重要な原則のうち、安全リスクマネジメントの適切な役割と責任を定義し、検討中の航空システムを記述する原則に従ったと報告している。

代理店はまた、他の3つの原則、すなわち安全リスクの分析と評価、リスクを軽減するためのコントロールを実施する。コントロールの有効性を監視し、必要に応じてコントロールを調整します。例えば、FAAは、十分なデータがないため、重大性と尤度に関して安全リスクを一貫して分析および評価していない。

改善されたリスクマネジメントの実践は、FAAが小規模UASによって提起された最も重要な安全リスクに焦点を当てていることを自信を持ってFAAおよび他の意思決定者に提供する、追加の措置が国の空域の安全を確保する必要があるかどうかを決定するのに役立つだろう、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です