aticoolo(アーティクーロ)「ドローンビデオ」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「ドローンビデオ」で作成してもらいました。

「ドローンビデオ」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

地上の写真のように、晴れた日に風景を撮影すると、より良い色、濃淡、ハイライトが得られます。太陽が多いほど明るく、したがって高品質の写真を意味します。

しかし、曇った日、日の出、憂鬱な日を見過ごさないでください。これらの写真は、後でフィルターを使って自分の好きなように操作することができる優れた劇的な写真です。

光は重要ですが、さらに重要なのは風の強い状態です。プロの写真家は、写真撮影をするときに三脚が必要条件であることを知っています。

ドローンを飛行させるときは、三脚を使用するという贅沢は得られませんが、風が強くない日に飛んで最大限の安定を保つことができます。

写真家はこの写真の焦点としてゴールデンゲートブリッジを選んだ。記事のウィキペディアリンクをチェックして、3つのルールについて学び、写真技術を大幅に向上させてください。

目を引くショットには間違いなく焦点が当てられます。風景や建物を撮影したり、無人機で自分の肖像画を撮ったりする場合は、適切な焦点が配当を支払うかどうかを選択します。焦点は、岩場から動物、滝、建物など何でも構いません。あなたが最も快適なものを見つけるまで、様々な種類の焦点を試してみることをお勧めします。

焦点はどこで、どこであるかが重要です。焦点のどこが写真に最も適しているかを知るために、3分の1のルールを使用することができます。

空の雲の形成は、この写真の資産にします。青色のグラデーションも他の色とは対照的です。もう1つの重要な要素は空です。特に、無人機を使って風景写真を撮っている場合は、空がどのように見えるのですか?それは退屈で穏やかですか?もしそうなら、あなたの写真の空を少なくし、前景にもっと集中することを選ぶかもしれません。

一方、もし空が色とりどりの雲や雲の形をしているなら、あなたの空と雲で写真の少なくとも半分を塗りつぶすことができます。

多くのカメラマンは、日中に撮影を拒否し、日の出直後または日没前にその期間を待って、最高の赤と柔らかい色を撮影します。

風景や空中都市の景色を撮影するときは、景色が本当に生き生きとする時です。都市がこれまで以上に活​​発になり、あなたの写真で動きを捉えるのが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です