AI(articoolo)にて「医療用マリファナディスペンサー」で文章を作って見ました。

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticooloで日本語で文章作成を依頼して見ました。
「医療用マリファナディスペンサー」で作成してもらいました。

人工知能に「医療用マリファナディスペンサー」聞いてみました。

医療マリファナのアメリカの開発現場についてのテキストが作成されました。

articoolo日本語B版で作成した文章です。

工事許可のための建築計画と設計から、セキュリティやその他の身体設備の建設と調達を通じて、医療用マリファナの診療所は、可能な限り早期の実施日に訓練された完全な手と目を持っています。

オハイオ州の法律では、オハイオ州医療マリファナ管理プログラムは2018年9月8日までに完全に運用されなければならず、この時点でプログラムが実際に稼働している間も、マリファナ製品はまだ成熟過程にあります。

耕作者、加工業者、試験施設を監督するオハイオ州商務省のスポークスマンStephanie Gostomski氏は次のように述べています。「私たちはいつも、これが非常に厳しいプロセスであり、締め切り期限は非常に短いと言いましたが、最も重要なのは、正しいことをすることによって、安全な製品を手に入れている患者さんに焦点が当てられます」
このメディアに対応するソースは見つかりませんでした。

単一の申請者が利用できるライセンスの最大数を授与され、5つの都市で診療所を開設する127 OH、LLC d / b / a / Bloom Medicinalsのような熟練医療マリファナ企業の場合、遅延は通常の過程の一部です。

「私たちはすでに建築計画を完了し、ペインズビル、モーミー、コロンブスの診療所の認可プロセスを開始しました。セブンマイル村とアクロン市の職員と協力しています。 Bloom MedicinalsのCEO、Nicole van Rensburgは語った。ヴァン・レンツバーグは、ロミオビルの医学大麻の診療所であるMidwest Compassion Centerのパートナーでもあります。

オハイオの栽培者や加工業者からの医療用マリファナ製品の生産スケジュールと入手可能性に関わらず、ブルームメディシナルズは完成した時点ですぐに薬局を開設する予定です。

「薬局理事会やその他の規制当局による最終検査に加えて、認可された州および地方の法執行官を招いて施設を見学し、業務について学び、現地のチームと会い、質問があれば答えます。 Starr、Bloomのコンプライアンスディレクター。これは通常、公的機関が医療大麻産業に存在するとは考えていなかったプロフェッショナリズム、コンプライアンス、セキュリティのレベルに導入されているため、新しい市場での共通の懸念を和らげます。

適格性、コンプライアンスおよび申請得点の評価プロセスを通じて、オハイオ州の医療マリファナの有効な医療従事者応募者は、最初に暫定ライセンスが与えられ、派遣期間の終了を控えることができます。

ビルドアウトが完了すると、薬局またはその他の許可された州規制当局は、施設設計、セキュリティシステム、患者教育プログラム、従業員のライセンス供与およびトレーニングプログラム、技術など、プログラムのすべての要素の遵守を評価し、最終検査を行います状態インベントリトラッキングと薬物報告システム、物質乱用プログラムなどとの統合。職員は、病院の方針と標準的な手術手順、ならびに安全性と緊急時対応計画を評価する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です