aticoolo(アーティクーロ)「天ぷらジャパン」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「天ぷらジャパン」で作成してもらいました。

「天ぷら」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

最近、シカゴでは、シェフが小さくて抜け目のないシーフード料理を選び、特典に応じて料金を請求する、オマーカゼを提供する新しい日本食レストランが急増しています。たとえば、Otto Phanの新しいLogan SquareレストランKyotenの食事は一人220ドルです。

現金で洗い流されたり、日本料理の不思議にもっと手頃な価格の商品を探しているだけではありませんか? Mitsuwa Marketplace(100 E.#Algonquin Road、Arlington Heights)にはまだ勝てないという私の信念です。
このメディアに対応するソースは見つかりませんでした。

ミツワは、生鮮品や新鮮な魚を拾うことができますが、日本の食料品店だけではありません。しかし、店の裏側に向かって歩き続けると、この地域で最高のお手頃価格の日本食を提供する居心地の良いフードコートに出会えます。
Santouka Ramen – Mitsuwasフードコートは、Chicagoland地区のラーメンの中で最も簡単で満足のいくものを提供するSantouka Ramenで最もよく知られています。また、市内に15ドルを超えるチャージをしているトレンディーなラーメンの数々とは異なり、シオ・ラーメンはわずか9.95ドルで手に入れることができます。ところで、これは秘密ではありません。週末には待ち時間が劇的に増えます。

日本のラーメンチェーンは、豚骨を数時間と数時間煮ることによって作られた太った太鼓の肉汁で最もよく知られています。地元のラーメン店もトンコツを提供していますが、あまりにもしばしば味が薄く脂肪が多いです。液体の表面の下に隠れていると、波打ったラーメンの絡みがあり、実際のバウンスと噛み付きがあります。

ボウルは実際にはポークブロスとヌードルの相互作用について、いくつかの栄養状態に保たれたトッピングがあります。これには、魚のケーキ、マリネされた竹、いくつかのキノコ、豚の腹の太いスラブが含まれます。もちろん、スカリーとゴマの振りかえもあります。何年も前からあったにもかかわらず、それでも私の好きなラーメン、そしてそれは大したことではありません。

Tendon Hannosuke – 試してみる価値のある日本のレストランチェーンは、日本のフライ芸術に加えて、天ぷらを専門とするTendon Hannosukeです。右に行われると、揚げ物のテクニックは驚くほど明るいひび割れたブロンドの外観を作り出します。しかし、テンドン・ハンノスケの天ぷらは、シカゴで遭遇したことのあるものよりずっと軽くて薄いです。打者がほとんど存在しないにもかかわらず、あなたが噛み付いたときに可聴クランチを作り出すことはまだまだあります。

元の腱($ 9.98)を注文すると、名前は天ぷらとドンブリの組み合わせですが、実際の腱はありませんが、ごちそうになります。ふっくらとした2種類のエビの味は、白い魚の拳のような大きさのものがきれいでフレークなので、Long John Silversは詐欺のように見えます。ブロッコリーは理想的な揚げ物のようには聞こえないかもしれませんが、天ぷらのバッターは、あなたが噛んだときに砕ける割れ目の網の小花を覆います。スカッシュの厚いスライスは、クランチーなコーティングと柔らかい、甘いインテリアを演出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です