aticoolo(アーティクーロ)「宇宙探査」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「宇宙探査」で作成してもらいました。

「宇宙探査」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

最後の辺境。これらはスターシップ・エンタープライズの航海です。しかし、それは、私たちの社会と宇宙と未知へのこだわりについてより深いことを言います。

宇宙は多くの不思議と幻想の対象であり、研究と議論もあります。現在、その討論は、宇宙開発や研究のための資金が、教育や環境などの他の緊急のニーズに賛成して削減されるべきかどうかを中心に傾向があり、そうすべきではない。

その議論の先天性欠点は、宇宙探査、質の高い学校制度、健全な生態系が互いに排他的であるべきではないということです。

世界最大のGDPを誇る国家として、特にこれらの3つの問題のすべてが防衛予算と比較してわずか1ペンスの資金しか受け取っていない場合、それらを犠牲にするべきではありません。軍事産業団体がロビー議会でこの国が必要としないプログラムに何十億ドルも費やすことができないように、コーポレート・ファンドローをキャピタルヒルから外す必要があります。

例えば、2008年に、議会は、アフガニスタン空軍のための20の古い貨物飛行機の購入を許可したが、実際にはいずれも実力がなく、合計で約5億ドルを要した。彼らはその後すべてスクラップ用に売られた。これは、国防総省の悲惨な金銭的無能と無駄の一例に過ぎず、この国は前述の3つのトピックに十分な資金を提供するだけの十分な資金を持っていることを示しています。

したがって、米航空宇宙局(NASA)の資金調達が改革され、問題にならなければ、批評家はそれに対して何を言いますか?政治家が指揮していることから、非効率性を挙げる人もいるかもしれない。しかし、NASAは議会の干渉からより隔離された部門の1つであり、失敗や予算超過のプロジェクトはありますが、一般的に人間の知識や社会への貢献の点で非常に貴重です。

潜在的な金銭的リターンを測定することはしばしば非常に困難であるため、純粋な科学は民間部門では難しい。科学のための科学は、非常に珍しいものであり、貴重なものでなければなりません。 NASAや国立科学財団のような連邦政府機関は、この国の研究開発資金の大部分を占めており、それが進歩と技術の進歩を促進する資金です。それがなければ、米国はがん研究や核融合などの分野で世界のリーダーとしての地位を失うことになるだろう。

NASAは官僚主義によって運営されているという事実にもかかわらず、今や幅広くかつ特定の焦点を持っています。 NASAは、火星の表面に20トンの消耗品を陸揚げする方法を考え出すように、毎日彼らの心に挑戦している、この国が提供する最高の、そして最も明るいいくつかのものを保有しています。

人類。 しかしそれ以上に、NASAはシンボルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です