aticoolo(アーティクーロ)「宇宙旅行」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能デザイン」で作成してもらいました。

「人工知能デザイン」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

12月の4都市ツアーで、新しいデスティネーション・ムーン:アポロ11ミッション旅行展の一環として開催されます。

2019年にワシントン州シアトルで最高潮に達する予定で、アポロ11号の使命に関する歴史的意義と技術的成果を祝いながら、宇宙探査の未来も見据えています。

スミソニアンのデビッド・J・コートン長官は、アメリカの偉大な業績の一つ​​であるアポロ計画は、シャンティイのスティーブンF.ウドバー・ハジー・センターの修復ハンガーに集まった報道関係者とスタッフに語った。

アポロ11号が月に上陸し、人類が最初に別の天体を踏んだとき、それは私たち自身を見たやり方を変えました。コロンビアのコマンドモジュールとデスティネーション・ムーンに登場する他のオブジェクトは、12月14日にテキサス州ヒューストン宇宙センターに行く予定です。

その後、2018年4月にミズーリ州セントルイス科学センターに移り、ピッツバーグジョン・ハインツ上院議員ヒストリーセンターに収容されます。

この展覧会は、シアトルのミュージアム・オブ・フライトで2019年3月に最終決定され、その年の7月にアポロ11号の50周年記念日になる予定です。

コマンドモジュールとその他の成果物は、保存目的のために十分に規制された環境にある必要があるため、室内温度やセキュリティ対策などの技術的要件と、どの都市が展示を受けるかに応じて使用可能なスペースの量が必要となるため、 Institution Traveling Exhibition Service(SITES)ディレクター、Myriam Springuel.SITESは、1952年以来スミソニアンコレクションの旅行ツアーを企画しており、Destination Moonの手配を担当していました。

展覧会に参加できるようにすることに加えて、Springuelと彼女のチームは全国215のスミソニアン関連美術館に焦点を当てています。ウェブサイトによると、スミソニアンは45以上の州の関連団体と協力して、展示物やコレクションを共有し、研究プロジェクトに協力し、教育戦略を開発しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です