aticoolo(アーティクーロ)「Googleの言語」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「Googleの言語」で作成してもらいました。

「Googleの言語」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

GolangやSoftware Developersを今日使用している大多数の企業が説明しているように、今日使用されている膨大なプログラミングテクノロジで、GoogleのGolang for businessは流行に富んで興味深いものになっています。しかし、まだ問題は残っています。

「Golang / Goは、実際にはさまざまなプラットフォームやソリューションのさまざまなソフトウェア開発プラクティスに適用可能な適格な候補ですか?この質問にGolangについてのいくつかの事実を答えてみましょう。

Goは、2007年にRobert Griesemer、Rob Pike、Ken ThompsonによってGoogleによって導入されました。

2009年に発表され、Go 1.0は2012年3月にリリースされましたが、Goはすでに2009年11月からGoogleや他のファームで使用されています。また、Golang “gc”のコンパイラはオープンソースソフトウェアとして開発され、 Linux、OS X、Windows、さまざまなBSDおよびUnixバージョン、スマートフォンを含むモバイルデバイスなどが含まれます。

Cloudflare、Sendgrid、Dropbox、Soundcloud、Bitly、Digitalocean、StathatなどのGolangを使用している主要企業は、既存のテクノロジーを置き換えてGoLangを使用し始めました。 Golangには高度な技術機能が搭載されています。 Goは、システムプログラミングのための既存の言語と環境の不満から生まれました。

プログラミングが難しくなり、言語の選択が部分的に責任を負うことになりました。効率的なコンパイル、効率的な実行、プログラミングの容易さのいずれかを選択する必要がありました。 3つはすべて同じ主流言語で利用できませんでした。プログラマーは、PythonやC ++やJavaScriptのような動的に型付けされた言語に移行することで、安全性と効率性を容易に選択することがよくありました.Golangの技術的な特徴について議論することは望ましくありません。複数のフォーラムでゴランの優位性が何度も証明されました。

エンタープライズリソースプランニング(ERP)システムであるGolangのビジネス/組織アーキテクチャは、テクノロジーソリューションの最新の開発で最適化するための重要な運用コンポーネントを構成します。

Internet of Things、Connected Enterprise、フィールドモビリティ、バックエンドとしてのクラウド、スケーラブルなインフラストラクチャは、ビジネス成長の加速を約束するテクノロジー重視の分野です。 Golangはスケーラブルなアーキテクチャーを提供し、複雑なサーバーシステムを最大限のスループットで管理できるようにします。

成長する業界へのGoLangの適用性について深く掘り下げてみましょう。 “Goは将来のサーバー言語になるでしょう。” ShopifyLetの顧客関係管理(CRM)システムであるTobias Ltke氏は、ビジネスエンジニア向けのGolangは、顧客とのビジネス関係のためにGolangを改善し、顧客を支援するという目的で、顧客ライフサイクルを通じて顧客のやりとりやデータを練習し、保持力と売上高の増加をもたらします。

CRMソフトウェアは、顧客情報とドキュメントを1つのCRMデータベースに統合し、ビジネスユーザが高い確率で顧客のコンバージョンを効果的に識別できるようにします。多くのベンダーはすでにGolangを使ってPythonのような既存のテクノロジーを置き換えてCRMを導入し始めています。 Golangは、必要な労力の半分で膨大な顧客データ(Bigデータとも呼ばれる)のリアルタイムアクセスを実現する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です