aticoolo(アーティクーロ)「人工知能のリスク」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能のリスク」で作成してもらいました。

「人工知能のリスク」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

人工知能。コンピュータに自律性を高め、ユーザー入力なしで評価、学習、予測、推論、そしてリアルタイム決定を行うことを可能にする、テクノロジとの短い話題。 1950年代の研究領域として開発され、多くのSF映画のインスピレーションとして使用され、現在は新たな活動と革新の波に乗っています。

ビジネスの世界でその復活により、金融リスク管理、サイバー脅威と詐欺の識別など、さまざまな活動の自動化とスピードアップを支援する最先端のAIを組み込んだ新サービスや新興企業が登場しましたセキュリティ脅威の追跡、および医療診断の手順と分析が含まれます。 AI駆動の革新的な製品には、自転車、よりスマートなドローン、より機敏なロボット、健康状態の追跡、測定、診断が可能なリストバンドと腕時計などがあります。

現在、人工知能に関する大きな話題があると、MasterCardのような企業で使用されているAIによるデータ侵害および不正検出ソフトウェアのプロバイダであるBrighterionの創設者兼CEO Akli Adjaouteは述べています。私たちがドットコム時代に見たすべての熱意に似ています。

1月のベンチャーキャピタル・ファンドで1000万ドルを調達したニューヨークに拠点を置くAIスタートアップのx.aiの創業者であるDennis Mortensenは、AI技術の第3の大きな波に入ったと信じています。 1950年代。投資家や技術者が関心を失ったAIの冬場は数回ありましたが、今度は数年後にはさらに100社も入ることができました。

しかし、AIについての新たな興奮とともに、高度な人工知能技術の普及に伴う可能性のある潜在的な危険性について、ビル・ゲイツやエロン・ムスクを含む注目すべき技術者からの警告が更新されました。また、自由なAI技術の潜在的なリスクをより適切に管理するために、公共政策や開発指針の策定を求めている。

これまでのところ、AI愛好家やアクティブなサービスプロバイダが最も注目を集めています。これは、最近の大企業の買収とイノベーション活動で明らかです。たとえば、Googleは、プログラミングを追加することなく新しいスキルを習得できるAIアルゴリズムの開発者であるDeepMind Technologiesを5億ドルで買収したことなど、 Googleはまた、Google Nowバーチャルアシスタントサービスを開始し、AI駆動の自転車への進出を続けています。

その間、マイクロソフトは最近、電話システム用の仮想アシスタントとAIパワードメールフィルタCortanaを発表した。 AIを搭載した音声ベースの質疑応答サービスであるSiriで知られているAppleは、AIを搭載した自動車事業にも拡大しているようだ。この分野の他のアクティブなプレイヤーには、アマゾン、Netflix、IBMなどがあり、AI搭載のワトソンのコンピュータがテレビゲームのショーJeopardyに人間を打ち負かす! Memorial Sloan-Kettering Cancer Centerでの癌の診断と治療の改善と自動化に現在使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です