aticoolo(アーティクーロ)「人工知能ロボット」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能ロボット」で作成してもらいました。

「人工知能ロボット」についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

サイエンスフィクションは何年も人工知能のアイデアを構築してきました。マシンインテリジェンスを与えることは、しばしば人類の終わりを唱え、創造者に対して立ち上がり、暴力から彼らを暴力から解放する。

本当のAIは、私が期待していたものと全く違って、いろいろな点で全く異なっています。コンピュータや他の機械が、通常知能を必要とすると思われる活動を行う能力。

この能力を有する機械の開発に関係するコンピュータ科学の枝。これを見れば、AIの分野は実際には多くの人々がそれを信用するよりもはるかに広いことに気付くかもしれません。

Google検索エンジンでさえ、AIで行われた研究の一部を組み込むと言えるでしょう。 AIとインテリジェンスそのものの定義自体は異なることがありますが、単純な説明では、マシンがある領域でインテリジェンスの指標を示す場合、AIと呼ぶことができます。

映画のAIは、通常、完全に自己認識し、感情的であり、すべての目的と目的のために「生きている」。人間工作機械の創作には様々な分野の研究が行われていますが、まだほとんどが想像力の領域に限られています。非常に印象的な技術の1つはHonda ASIMOプロジェクトです。このプロジェクトは、いくつかの注目すべき機能を備えたヒューマノイドロボットを作成しました。

彼はいつでもすぐに人間であると信じるように誰かをだますことにはなりません。チューリングテストは、Alan Turingによって作成された人工知能の尺度です。彼は、マシンが考えることができるかどうかの問題はあまりにも曖昧であり、より具体的なテストを提案したと述べた。

彼のテストは、あまり詳しく説明されずに、コンピュータを人間を人間に騙して、それが人間であると信じさせるよう試みることを含んでいた。人々はコンソールに質問を入力し、反対側のコンピュータから応答を受け取る。チューリングテストに合格しようとしているシステムでは多くの作業が行われていますが、まだ成功していません。感情を呈することができる機械を作る研究も行われている。

私たちはまだ生きているように見える機械を見ることから遠く離れています。 AIに対する初期の興奮は、開発者が獲得した知識の大部分を検索し、それに投げられた問題に対する解決策を見つけることができる、一般的な推論問題ソルバを作成しようとしました。今日のAIは、非常に特定の問題や知識分野に集中する傾向があります。

エキスパートシステムは、特定のフィールドの「エキスパート」であり、そのフィールドのみに関連するクエリに答えるプログラムです。彼らのアプリケーションには、医療診断、クレジットカードアプリケーション、およびデータが分析されるその他の分野が含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です