aticoolo(アーティクーロ)「人工知能プログラム」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能プログラム」で作成してもらいました。

「人工知能プログラム」についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

今日はかなり成長したコンピュータシステムは、社会の技術進化の一部であり、コンピュータなしで今日生きることは、日常生活の中で最も重要なツールであり、アカウントを維持するのを助け、新しい技術を開発し、私たちを世界につなぎます。従来のコンピュータは、1秒間に何百万回もの操作を実行することができますが、それ自体で意思決定を行うことはできません。

つまり、コンピュータはタスクを単独で実行することはできず、プログラムする必要があります。特定のタスク、複数のタスクのためには複数のプログラムが必要です。コンピュータの製造元は、コンピュータを操作するために必要なハードウェアを提供し、ソフトウェア開発者は、コンピュータがハードウェアをツールとして使用できるようにするプログラムを提供します。

特殊なソフトウェア?新しい技術の開発者は、この課題を達成するための選択肢を模索してきました。 50年前、人間の脳の研究中に驚くべき発見がなされました。生物学的ニューラルネットワークと同じアーキテクチャに基づいた人工システムとその動作を実現することができ、人工知能とニューラルネットワークを開発することができます。

人工知能は、主に学習と意思決定において、人間の脳の行動に基づいた一連の技術にすぎません。彼の大多数において、生き物は学び、その学習に基づいて決定を下すことができる生物学的システムであり、これらの決定は一般に生存に基づいている。同じように、人工知能システムは学習と意思決定を必要とするが、生物システムとは異なり、人工システムは数学的アルゴリズムに基づいて動作し、学習は特定の目的のために誘導される。

人工知能の中には多くのカテゴリがあるが、インテリジェントコンピュータの場合、人工ニューラルネットワークと遺伝的アルゴリズムが最も多く使われている。ニューラルネットワークは、生物系の各要素が数学的に等価なものに置き換えられている脳の神経系のエミュレーションではない。

人工ニューラルネットワークは、人間の脳の同様のタスク、通常のコンピュータが画像認識、音声認識および決定を行うことができないタスクを行うことができるが、プログラムされたシステムと比較したこのシステムの欠点は、言い換えれば、訓練を受けていないニューラルネットワークは、新生児が世界に入ってくるようなものなので、科学者はそれぞれ異なる能力とアルゴリズムを持つ様々なニューラルネットワークモデルを開発しました。

今日、人工知能およびニューラルネットワークの使用は、ニューラルネットワークの並列性を線形システムにエミュレートするソフトウェアで実施されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です