aticoolo(アーティクーロ)「人工知能開発」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能絵画」で作成してもらいました。

AI(人工知能)での作曲についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

ワシントンの大学の研究所では、人間のように見えるロボットであるダーウィン-OP2が緑色のボールを床に激しく蹴散らしています。これは、支援されたロボットとヒューマノイドの相互作用としてラベル付けされているものへの研究開発のより高度な例の1つです。 Darwin-OP2は、米国の有力大学の生物医工学教授チームによってプログラムされています。

このプロジェクトは、自閉症スペクトラム障害を持つ子どもたちが社会との関わりを深めることを支援することを目的としています。主な目標は、自閉症児がより簡単で快適な方法で他の人とコミュニケーションするためのロボットシステムを利用することです。プロジェクトは初期段階にあり、依然として多くのことが行われています。

ロボットが5〜10歳の子供たちをどのように助けることができるのかを焦点にしますが、まもなく3歳までの子供たちを含む可能性が高くなります。究極の目的は、自閉症スペクトラム障害を持つ子どもたちと共に、米国内の無数の家族に手頃な技術を提供することです。すべての子供に共通の特徴があります。ほとんどの自閉症児は目の接触を避ける。

これは、そのような子供たちが家族、友人、遊び人などと交流することを困難にします。このプロジェクトに関連した科学者たちは、自閉症スペクトラム障害を持つ子どもたちは、自分の行動を監視して制御できるため、ロボットとのやり取りがより快適であることを明らかにした。自閉症スペクトラム障害の子供は、通常、他の人の感情を理解し、関与するのに苦労します。社会的支援ロボットによって、子供はより効果的に抱き合うことができます。これらのロボットは、人の知能を利用して子供の行動を分析し、収集されたデータを使用してそれらの情報に従う。現在、3種類のロボットがテストに使用されています。

1つはiPadに接続されたミニロボットです。第2は、社会的合図に反応して様々なジェスチャーやダンスの動きをすることができる中程度のロボットです。もちろん、ダーウィンOP2があります。ダーウィンOP2は、サッカーをして子供たちとやりとりし、他の活動をする、より大きく洗練されたロボットです。それは音楽に合わせて踊ることができ、自閉症の子どもたちもその動きに沿って踊ることができます。

科学者やセラピストは、自閉症児に社会的スキルを付与することは、ヒューマノイドやロボットにとって完璧な仕事である行動を頻繁に繰り返さなければならないと言います。ロボットは、適用された行動解析療法を伴う自閉症児の両親に役立つことができる。このような療法は、子どもと一緒に過ごす時間が長く必要であり、両親が働くことができない場合があります。ロボットは人工知能を持っており、データを収集して親にとって有用な分析を提供し、子供の行動を理解するのを助けます。これらは、ロボットと人工知能が自閉症児の助けになる方法をテストした初期のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です