articoolo(アーティクーロ)「人工知能の効果」で文章生成

AI(人工知能)で初めて日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「人工知能の効果」で作成してもらいました。

AI(人工知能)についての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

人工知能は、機械の知性を創造することを目指すコンピュータサイエンスの一分野です。この言葉は1956年にジョン・マッカーシーによって造られたもので、「インテリジェント・マシンを作る科学と工学」と定義されています。それは後の年に多くの挫折を経験した息を呑むような楽観主義の非常に熱い主題でしたが、今日では現代技術にとって不可欠な基盤であり、コンピュータサイエンスの多くの困難な問題を解決しています。

AIにおける研究は、主に、推論、計画、コミュニケーション、学習、知覚、知識、および物体の移動および操作の能力を含む進行中のプロセスである。多くの理論的な意見の違いがあり、コンピュータでAIが可能であると多くの研究では考えられなくなっています。思考機やAIは単なる神話、小説、思考であり、映画や本でしか見られないと信じている人もいる。

神経学に基づいたインテリジェントなマシンを構築する研究を始めた科学者はほとんどいません。また、デジタルコンピュータの発明につながるサイバネティクスと呼ばれる制御と安定メカニズムを備えた新しい数学理論の研究を開始した。人工知能は現在、すべての分野で広く使用されている。真実であるために、AIは使用されるように提案されたものではありませんが、その効果のみが人工知能と呼ばれています。

AIの研究の開始から、それは人間の心の能力を再現すると主張しただけでなく、哲学のインスピレーションでもあります。チューリングの “丁寧なコンベンション”ダートマスの提案ニューエルとサイモンの物理的シンボルシステムの仮説Gdelの不完全性定理サールの強いAI仮説人工的な脳の議論。彼らは、ボトムアップとトップダウンの2つの基本的なアプローチでそれらを開始します。ボトムアップアプローチでは、人間の脳のニューロンを電子複製で構築するAIを扱いますが、トップダウンアプローチではコンピュータプログラムが脳の動作を模倣すると考えています。

これらの2つは、AIの開発が進展し、より複雑な理論や方法が使用され始めた現在、科学者たちはより強力なAIプログラムを構築することに忙しくなっているため、さまざまなプログラムを作成するために使用される主な方法です。残念なことにAIにはほとんど問題がありません。主なものは、AIマシンを構築するためのアプローチの分割によるものです。サブフィールドは、それらを完全にするために互いに公平に通信できないことがよくあります。

サブフィールドが特定の研究を中心に展開したり、さまざまなアプローチやツールを使用して問題が発生すると、それらを組み合わせて統合された結果を得ることが大変になります。だから科学者はこれらの問題を再び問題に分けて解決し、AIプログラムを作りました。したがって、AIは現在、より一般的で進行中の研究になり、さまざまなサブフィールドがあります。先祖がそれを見ているように、私たちが世界の中で大きな製品を手に入れることができるようになると、今は十分ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です