AI(articoolo)自動記事作成ツールに「日本の技術」で作文!

AI(人工知能)で初めて日本語文章を作成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章作成を依頼して見ました。

作成したKWは「日本の技術」です。最初「日本文化 アート テクノロジー」などのKWで作成を使用と思いましたが、そのKWでは文章作成ができませんと言うエラーメッセージが表示されて、泣く泣く「日本の技術」単体で作成してもらいました。

何故か美容についての記事ができた。

僕は興味本位で性能を検証して見たいと思ったのでそれはそれで目的としては良いと思いますが。
ビジネスやコンテンツ制作をAIで日本語で行うと言う部分にはもう少し時間がかかるかもしれません。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で作成した文章です。

他の民族が老化の外的効果を発揮し始めた後も、日本人がなぜその肌の若さの爽やかさとしっかりとした肌を保ち続けているのかについて真実がどのようになったのか、科学的に得られた日本の海藻やワカメの濃縮物であるフィテッセンスワカメは、何度も何度も命名された秘密の成分です。

昆布は海藻の種類です。日本の料理成分としてのワカメに興味がある人は、それを乾燥したものと新鮮なもののどちらでも使用できます。

乾燥ワカメは塩に保存され、半脱水されています。新鮮なワカメは濃い緑色で触感があります。どちらもスープやシチューを飾るために使用されます。

日本人は何百年もそれを使ってきましたが、ワカメはその栄養的性質のために認識され、科学的に開発されたのは過去一世紀の間でした。その結果、Phytessence Wakameと呼ばれる強力な抽出物が得られました。

これは、老化した肌のための複数のメリットと日本のスキンケアの成功で賞賛されています。

皮膚が老化および変性の影響を一般に示すことを開始する理由の1つは、ヒアルロン酸の利用可能性の低下のためである。

この酸は、皮膚のコラーゲンおよびエラスチン繊維の健康を維持することによって、皮膚の弾力性および硬さを制御する。通常、酵素ヒアルロニダーゼは皮膚の酸を攻撃してその変性を促進するが、ワカメ、特にその強力な抽出物はこの酵素の作用を阻害することが判明している。

このプロパティは、ビタミンミネラルや酸化防止剤の存在と一緒にすべてのスキンクリームに持っている必要がありますこの1つの成分を作った。

Cynergy TKとNano-Lipobelle H-EQ 10はワカメよりも簡単にあなたの舌をはがすことがありますが、Phytessence Wakameと組み合わせて使用​​することで、皮膚の毎日の栄養必要量を一度に得ることができます。最初のCynergy TKは、羊毛に含まれる天然物質であるケラチンから採取されます。

ニュージーランド産の羊毛で作られているので、ヨーロッパの肌が発達していると思われるシワを防ぐのに役立ちます。羊毛の脂肪は、保護と癒しの特性から長い間認識されており、この新製品は科学的に証明されたスキンケア製品でそれらを提供します。 2番目はコエンザイムQ10の一種で、特にスキンケア用に作られています。

Q10。両者は共に、コ酵素Q10を、皮膚の細孔に容易に入り込んで下の組織に到達することができる粒子サイズにまで減少させ、コラーゲンおよび弾力増強を促進して皮膚を若返らせる混合物を生成する。

日本のスキンケアシステムの使用を検討する場合、数十年前に夢だったワークマンを含む特殊成分を含むスキンケア製品を提供するために、最高の天然物質と科学研究が今では結合されていることが確かめられます。

articooloはこちらのリンクからいけます。

https://articoolo.com/?lang=ja

1 個のコメント

  • 私も試してみましたが、希望のキーワードがすべて拒否される時点で、こりゃだめだなと思いました。
    しかもほとんどがモザイクで隠されて、全部読むには金を払えと言うんですからどうもお話になりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です