aticoolo(アーティクーロ)「中世の生活」で文章生成

articoolo(アーティクーロ)という。AI(人工知能)で日本語文章を生成して見ました。

AI(人工知能)ライティングのarticoolo(アーティクーロ)で日本語で文章生成を依頼して見ました。
「中世の生活」で作成してもらいました。

「中世の生活」ついての文章ができました。

articoolo(アーティクーロ)日本語B版で生成した文章です。

中世の劇場は、中世の住民のエンターテイメントと教育の源泉でした。当初は宗教的な熱意を帯びていましたが、中世の劇場は何世紀にもわたって進化し、聖書の外のテーマは最終的に収容されました。

これらの遊牧民グループは、国や地域を回り、物語や冗談を語り、音楽を演奏したり、アクロバットな行為をしたりしました。フェスティバルはどこに行っても出現しました。しかし、彼らが町や都市にもたらした楽しいと興奮にもかかわらず、宗教的実践者はこれらの旅行するエンターテイナーに対して敵対的であった。

影響力のあるカトリック教会は彼らを改宗しようとし、罪深いとみなされた通りの公演をやめようとしました。

旅行の公演への敵意ははっきりしていましたが、教会は中世の劇場の発展に大きな責任を負っていました。中世の教会は、教会敷地内の聖書の物語を劇的に描くことを要求されたサービスを提供しました。

劇場は数世紀にわたってパラダイムシフトを経験し、徐々に世俗化しました。典礼のドラマは、死者からのラザロの復活、聖パウルの改宗とライオンからのダニエルの救出を含む、聖書のすべての物語をまさにカバーしています。

多くの宗教劇の主題であった、特に愛されていた聖書の話は、メアリーが復活させるためにイエス・キリストの墓に訪れるだけでした。中世末期に宗教劇は教会の外でより顕著になった。中世の劇場はその時代から少しずつ変化しました。ギルドの出現、賑やかな地方経済と封建主義の漸進的な減少は、中世の劇場の成長に大きく貢献した他の要因でした。

Advertisement – Vernacular Plays – Vernacularのプレイは、人気が1200年から1350年にかけて増加し、かつては典礼劇で開催されたトップスポットを引き継いだ。これらの演劇の多くは、春と夏の季節に開いた会場で行われました。また、ファンファーレを得ることは、本質的に宗教的で世俗的なサイクル・プレイでした。サイクル演劇は広範囲のプロットを扱っていましたが、聖書の図や説教、教会の文章を基礎にするのは珍しいことでもありませんでした。サイクル演劇はいくつかのエピソードまたはチャプターから構成されていたが、年表には関係しなかった。彼らはまた、数時間も短く、数日間続くこともあります。サイクルの作者は、通常、好ましい匿名性を演じる。

道徳的遊び – 道徳的遊びは特別なタイプの宗教的遊びでした。サイクル演劇と同じように章に分かれて、そのテーマは絶えず回転していて、良いものと悪を避けるための無限の闘いをしています。

後世の世紀には、学校や大学で世俗的な演劇が大騒ぎに浮上しました。彼らは主にラテンの喜劇と悲劇から成っていた。虚偽の物語は、通常、神々と英雄に関するものであり、政治的議論はしばらくの間、これらの演劇に組み込まれました。高貴な家の俳優だけが世俗的な演劇で行動するのに十分な特権を持っていました。

中世の劇場についての正確な情報 – ギルドの出現と収入の急増は中世の劇場でブームを巻き起こした – 広大な劇場や中世の劇場など、中世の劇場では幅広い演劇が見られた – フランスでは中世の劇場演劇が、人気がありました – 中世の劇場の事実 – 中世の教会は14世紀の終わりに向けて演劇活動であまり活発になりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です